2006/12 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2007/02
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
パリちゃん 肺炎と疥癬・・・ 
昨日の夜から、パリの様子がおかしくて、朝もおかしくて、病院へつれていきました。

症状:目がしょぼしょぼする
    羽を膨らましている
    じっとしている
    ここ2・3日餌入れで頭を頻繁にカキカキしていた
   

これに加えて、以前から気になっていた症状

   くしゃみ
   放鳥時の呼吸が「ゼェゼェ」言う


朝はあんまり目が開いていないようだったので、気になりネットで調べました。
調べている間、パリちゃんは人がケージの前にいると、少し動くようになりました。
でも人が離れると、またボワっと羽を膨らませ、調子が悪そう。
トトがネットで調べたら、「何かおかしいとおもったり、様子が変な場合、
ネットや本で調べたりせず、すぐに病院へ連れていくこと」と書いてあり、
やっぱり、夕方病院へ連れて行くことにしました。↑正しい、正しい。

幸い、掛かりつけの病院が4日から開いていたために、診て頂けました。
待合では、学生の女の子が「鳥インフルエンザになった鳥は全部焼くねんて」
なんて会話をしていました。おいっ、私はその会話聞きたくない・・・。


たまたま、お休みのはずの院長先生がいらっしゃって診ていただけることになり、
「風邪こじらせて、肺炎になってるね、カンジタ(+)です(←これは免疫力があれば
問題ない程度らしい、多くの鳥が持っている菌でこの程度なら問題ないとのこと)
30度に加温してください。いくら、お薬あげても、加温しなかったら、
何の意味もないですからねと言われました。そして、お薬も頂きました。

すると先生、「ここに何か嫌なものがあるなぁ、これちょっと(顕微鏡で)見て」と、
看護士さんかな?「疥癬ありません」
すると先生が、「もうちょっとよく見て、あるかもしれないから」、
看護士さん「あ、ありました」


ガーン (先生、さすが、山口県からも診察に来る人がいるだけあります・・・)


肺炎な上に、また病気なんだ・・・。
パリちゃん、体弱いね・・・


以上の経過から、パリちゃんは闘病生活!?に入ることになりました。
疥癬は一緒のケージに入れると、移りやすいそうなので、ぴーちゃん♪と隔離。


p201.jpg



現在、30度に加温中ですが、なかなか30度になりません。
60Wのペットヒーターを使って、ビニールハウスで囲って、加温してますが、
26度がやっとです。いま、ペットヒーター(100W)注文してますが、湯たんぽを
使ったりして、27~28度にあげていますが、数時間で冷めちゃいます・・・。

パリちゃんの様子は、相変わらず羽を膨らませて、寒そうにしています。
みなさん、効果的な加温の方法があれば、教えてください。

p202.jpg
病気以前のパリちゃんとぴーちゃん♪です

全然元気のないパリちゃんに応援お願いします
スポンサーサイト
【2007/01/04 Thu 23:09 】 | パリちゃん | comment(12) | trackback(0) |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。