2017/08 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.>> 2017/10
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
(深刻じゃないけど)心疾患と肝肥大。 
ピーパリを連れて、病院へ行ってきました。

ぴーちゃんは、発情なのか、急にでっかいうんPをしだしたのと、
アクロバットポーズをするときに、肛門をヒクヒクさせてるので大丈夫なのかなぁって、
ちょっと心配だったので、連れて行きました。

そして、パリはいっこうに薬漬けの生活から抜けられないので、
一度他所で見てもらいたいなって思ったのです。
(いわゆるセカンドオピニオンってやつですね)


少し古い病院だけど、とても親身になって見て下さる、腕のいい先生がいると
インターネットで見つけたので、そこへ行くことに。


最初、問診が始まって、体重測定をして、そして先生の診察が始まりました。
羽を広げて見てみたり、脂肪が付いていないか見ていただいたり、腫れはないかとか、
じ~っくりと診察してもらいました。
いつも行ってた病院では、聴診器なんてあててもらったことないので、
「うわ~、インコにも聴診器あててもらえるんだ!」なんて思いながら、
おとなしく診察風景を見ていました。

パリはオリコ~さんなので、最初こそジタジタと動きましたが、おとなしくしていました。
ぴーちゃん♪は、キュッと2度ほど声をあげていて、終わった後、
ボワワっと膨らんでいました。ぴーちゃん♪ってホントに怖がりさんだから・・・。


さて、触診の診察結果は。
パリ:軽く肝臓肥大、少し脂肪がついてる、
   心臓機能→交感神経と副交感神経のバランスが悪い、
   通常、交互に働いてるのに対し、パリの場合、常に交感神経が優位。
   人間でいう自律神経失調症のようなもの。
  (だから、朝はボーっと、夜は寝れないよう・・・)
   痙攣起こしやすい体質。
   副鼻腔から気管にかけて、炎症。

パリの肝臓の腫れの原因は、パンとか食べさせませんでしたかと聞かれました。
確かに小さい頃に、私たちが食べた食パンのくずを食べているところを見たことがあります。
あとは、今飲ませてる病院でもらった鉄分のお薬。こういうのが溜まったら、
肝臓に負担が掛かって腫れたりもするそうです。

以前の肺炎の診断も、ゼィゼィ言うんでしょ。くしゃみもあるんでしょ。
そして、体が膨れてるということで、肺炎の診断がおりましたが、
先生曰く、パリは副鼻腔から気管にかけて、炎症を起こしているので、
飛ぶと息があがるようです。
それは、最初に放鳥したときから、今もずっと続いています。
もしかすると、もしかすると、肺炎ではなくて、ずーっと投薬していたとしたら、
私のせいでパリちゃんにしんどい思いをさせちゃったなと反省・・・。


ぴー:発情中で骨盤が開いてる 
   結構、脂肪がついてる
   エサを変えて、発情を抑えるほうがいい

5年経って、初発情するインコもいたりするし、ぴーちゃん♪(迷子の為、推定2~3歳)が
今になって発情してきても、なんらおかしくないと。
そして、オーツ麦の食べ過ぎのせいもあるらしく、体に脂肪が付きすぎと・・・。
ひえを多めの食事に飼えてみては?と言われました。


なんと1時間!ほどの診察ののち、うんPの検査に。
少し時間頂きますねといわれたけれど、20分ほどして結果が出ました。

なんでか、2週間前の健康診断と違う結果が出ました。

パリ:カンジダ、大腸菌、ジアルジア、羽毛片多し
ぴー:カンジダ(少し)、大腸菌、トリコモナス

今までは、カンジダくらいだったんだけど、ぴーは免疫力で抑えられる程度のでした。

先生曰く、ジアルジアは性質が悪いから、気をつけたほうがいいと教えてもらいました。
私、聞いたことのない名前が出てきたことがショックでショックで、ちょっと唖然としてました。
でも、治るんだろうと深刻にはなりませんでしたが、これだけ細かく見てもらえたと
逆に全部治そうと希望の光が見えたような心境でした。

ここの病院行ってた方の鳥さんがいろんな病気を完治されてるみたいなので、
パリちゃんも(ぴーもトリコモナス退治!)早く全部の病気をやっつけられるように、
トトと協力して、お薬をあげて、元気になれるようガンバルぞ~!

また、こんな風に二人(2羽)で遊べるようになってほしいです。
p271.jpg

p272.jpg

p273.jpg


頑張って、苦そうなお薬を飲んでいる(飲まされている)
ぴーちゃん♪とパリちゃんにガンバレーのクリックをお願いします
スポンサーサイト
【2007/05/27 Sun 02:40 】 | ぴー&パリ | comment(14) | trackback(0) |
<<ワンコとインコ | ホーム | カカの失敗・・・(fromパリ)>>
コメント
ブチも大変です。
ぴーちゃんパリちゃんお大事に
我が家のブチは生活しやすいように籠の中を餌箱はそのままで、ボレー粉入れと水いれを下に移動させました。
プラケースの方か足が楽だと思うけど、嫌がるから入ってくれない。
相変わらず薬飲む時は大変です。
【2007/05/27 09:17】| URL | 綺羅 #-[ 編集] |

詳しく診察してもらえて良かったですね!
先生によって違う診断になるというのも困ったものですね。
私達は先生を信じるしかないですもんね。。。
ぴーちゃん、パリちゃん、頑張ってお薬飲んで病気を治そうね!
ガンバレー!!
【2007/05/27 10:50】| URL | ぴぃパパ #CFYPGMok[ 編集] |

通院お疲れ様でした。
診察の度に違う診断結果が出ると戸惑ってしまいますね。
お薬だって頑張って飲んでいるのに実は必要ないもの、しかも逆に体に負担が掛かっているなんて私達としたらショックです。
うちの子も今のところ元気ですが違う病院に行ったら違う結果が出るかもしれませんね。
怖いです。

ぴーちゃん♪にも菌が発見されたんですね。
パリちゃんと一緒にお薬頑張ってね。
元気になってぴー♪パリちゃんが一緒に楽しく遊べる日が早く来ますように。
freesiaさんも投薬がんばってください。
二人(羽)とも優しいfreesiaママの子で幸せです!

【2007/05/27 11:45】| URL | Miyuki★ #9ipbs1o.[ 編集] |

うわぁ・・・
何かすごいなぁ。(^^:
うちもセカンドしたいけど、大阪は
どこがいいか全く土地勘が無いからなぁ・・・orz
【2007/05/27 12:31】| URL | noharm #NgrzzIAQ[ 編集] |

丁寧に診察していただいて良かったですよね。でも、やはり診立てが違ったというのは腑に落ちないところがありますよね。うちのピィちゃんも今日、再診に行って来ました。フンの検査をしたところ、まだ細菌が出ているとにことで、まだお薬生活です。私は不器用で上手く捕まえていられないので、野菜などに付けてなめさせています。でもイヤみたいで、なかなか舐めてくれないんです。freesiaさんは、上手く保定できていますか。
【2007/05/27 20:15】| URL | おけい #-[ 編集] |

綺羅さんへ

ブチちゃん、ケージの下の方で生活するようになったんですね。
足に負担を掛けないで、早くなおるといいですね。
うちも飲み水に溶かす以外の薬は初めてで、悪戦苦闘しています・・・e-441
【2007/05/28 07:37】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |

ぴぃパパさんへ

私たちは診断できないから、先生だけが頼りですね。今回の先生はすごく丁寧に診察して頂いて、本当に感謝しています。先生が調合してくれたお薬、漢方薬のような独特の臭いがするので、ピーパリに飲ませるのがとっても大変です。でも、ガンバリますv-219
【2007/05/28 07:42】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |

Miyuki★さんへ

トトさまの会社の近くではないけど、そちらの方面にいい所があったので一人で行ってみましたが、土地勘がなくて行くのに大変でした。でも、必死にピーパリのキャリーを抱えながら、人ごみでキャリーがぶつからないように守る私は親を実感e-442 帰りは仕事帰りのトトが迎えにきてくれましたが、疲れました~。
投薬ってこんなに大変なものなんだと、たった2日ですが痛感。パリはオリコなので、なんとか飲んでくれますが、ぴーちゃん♪は噴出したり、イヤイヤしてお口の周りが薬まみれです・・・e-351
【2007/05/28 07:52】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |

noharmさんへ

大阪にはいろいろ動物病院ありますが、人によって意見が違うので、ココがいいです!なんて安易には言えませんが、いろいろインターネットで口コミとか載ってますので、参考にされるのもいいかもしれませんねe-348
【2007/05/28 08:00】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |

おけいさんへ

おけいさんが悩んでいた投薬生活の大変さを今、身にしみて感じています。
私は体を保定するのがどうも下手なんです。でもトトが上手なので、私は薬を練ってスポイトに入れたりしています。
でも、小松菜とボレー粉を摩り下ろしたものを、差し餌のようにあげてくださいといわれましたが、これが上手くいかなくて困っています・・・e-351
おけいさん、一緒にがんばりましょ~ねe-257
【2007/05/28 08:10】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |

タイトルを見てビックリしましたよ~v-405
こんなことがあるとやっぱりセカンドオピニオンって必要だなって思います。
頑張って投薬してたのにもしかしたら必要じゃなかったのかもって思うとショックですよねv-406
でも、詳しく診てもらえて良かったですね。
まだぴーパリちゃんの投薬生活は続いちゃうけど頑張ってくださいねe-271
ぴーパリちゃんのe-266しているところが見れるのを楽しみに待ってますよ~e-349
【2007/05/28 11:02】| URL | トラ #-[ 編集] |

トラさんへ

私も検査結果にビックリしました。
でも、こ~んなに細かく調べていただけたら、あとは治すだけだ~!となんか前向きになりましたよe-257
投薬が結構大変なんですけど、トトが上手なので、夕方の投薬を私一人でできるか不安です・・・e-441
【2007/05/28 23:07】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |

>人によって意見が違うので、ココがいいです!なんて安易には言えませんが、

確かに。
連れて行った鳥の病気に関してものすごく詳しい病院で助かった場合、そこが他の病気全般にに対して詳しくなくても
「いい病院だった」
となりますからねぇ。また、数年前はすごい先生でも向上心が消えたら普通の人って場合もありますしねぇ。
【2007/05/30 09:59】| URL | noharm #LbC7N53Q[ 編集] |

noharmさんへ

私も1回目に行った動物病院は鳥も見れるところだったようで、待合室にも鳥を含めて小動物の患者さんがたくさんいたんです。
でも、私が見てもらった先生はあんまり鳥に詳しくなくて、爪を切ってもらったら、血がたくさん出て帰されて、よく暴れましたといわれました。
どうも、口コミで見た鳥を見れる先生はお休みの日だったのではないかと疑ってしまいました。
だから、病院がいいのではなく、先生で判断しないといけないなと思う今日このごろです・・・。
人間も鳥さんも病院選びは難しいですねe-441
【2007/05/31 02:10】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://pchanlife.blog50.fc2.com/tb.php/157-e66c005e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。