2017/04 << 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.>> 2017/06
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
食欲無し・・・ (パリの爪切り part 3) 
カカに爪を切られすぎたパリちゃん・・・。(詳細は前々回前回のブログです)
今回は、出血して、貧血を起こした後の完治までのお話です。





辛い内容なので、前回同様、それでも知りたいという方は
続きを見るをクリックしてください。



日曜日の夕方に爪を切りすぎて出血。
月曜日はご飯を食べているように見えたのですが、実際は食べていませんでした。
火曜日になって、病院へ連れて行き、造血剤のお注射。


パリちゃんは、帰りの電車でも、静か~にしてました。
カカはそれが返って心配で、気になって仕方ありませんでした。



お注射もしたし、徐々に良くなってくるのかなと思いきや、
まったく食欲があまりせん。
何だったら食べてくれるんだろうといろいろトライしてみました。

ヒエ・アワ・キビのいつものごはんはダメで、
ペレットもダメで、粟穂もダメ。
粟穂はいつも足で抑えて食べたりするから、
爪を切られすぎたパリちゃんには、もちろん無理でした。



そんな中、オーツ麦だけは食べてくれたのです。



だけど、オーツ麦だけなんです。なぜか・・・。
それでも、何かを口に入れてもらわないと困るので、
エサ入れには食べなくても、いつものご飯をいつもと同量いれ、
オーツは別の小さな容器に入れてあげました。


3日経っても、そんな調子なので、
金曜日の夜にもう一度病院へ連れて行きました。

足を気にかけていた素振りはだんだん無くなってきたのですが、
じーっとして、ごはんはオーツだけ。
貧血でしんどいんだろうなぁ。「パリちゃん、ごめん。」としか言えませんでした。


先生はもう一度、造血剤のお注射を打ってくださいました。
そんなにすぐに回復はしないからと。



先生の進めてくれた市販のエゴマも卵黄のツブも食べないし、
オーツしか食べないという偏食ぶりなんですとお話しました。
でも、先生は「今は何かを食べるということが大事だから、
本人が食べたいものをあげてください」とおっしゃってくださいました。





爪切り事件から10日。
パリの食欲は10日経っても完全には戻りませんでした・・・。

さすがに足を痛がる素振りはなくなりました。
それでも、食欲は完全に回復しません。10日で、7~8割の食欲でした。
そこまで戻ったら十分と思われるかもしれないけど、
でも、私が会社から帰るまでは1~3割しか食べてないというのが問題でした。
なぜか帰ってきたら、食べてくれました。何か不安だったのかな。


最初は、ケージの隅でうずくまってたので、
それを思えば十分に元気になってきたのですが、
10日も元気じゃないパリちゃんを見るのはとても辛くて、
回復しないかと焦りばかりが出てきました。

放鳥はどうだったかと言うと、
最初の3日はもちろん控えていました。
その後、閉じ込めておくことでストレスになったらいけないので、
扉を一定時間開けてあげ、自由に出られるようにしました。
それでも、ただ出てくるだけで、じーっとしてました。


そして、10日経っても飛び回る元気もないのか、
通常は絶対に自分からお家に帰らなかったのに
自分から帰っていく姿が、パリの元気のなさを表しているようで
私は自分を責め続けていました。

そして、行き詰った自分をどうしていいのか、何をしたらいいのか分からず、
私がブログを始めるきっかけにもなった、
インコの先生のようなお友達にメールをしてみたのです。


私、何か なかなか立ち直れないんです・・・。と


すると、
”インコって人の顔色や態度でいろんな事を察知するらしいですよ。
 パリちゃんが不安な気持ちにならないようにパリちゃんの前では
 いつもの元気で明るいカカ様でいてあげてね。” とお声を頂きました。

そして、
  「獣医さんを信じてパリちゃんの生命力を信じて
   freesiaさん!!! 
   踏ん張り時です!!!
   頑張ってっ!!!!」 
とのお声を頂き、目の前のもやが取れたのです。

私がいつまでもへこんでたら、パリだってその空気を読み取るかもしれない。
私はパリちゃんと共に頑張っていかないと~!
と心を入れ替えました。


すると、その空気を読み取ってくれたのか、
その後、オーツ以外のシードを以前のように食べてくれるようになりました。

それからは、放鳥しても飛べるようになり
いつものパリちゃんに徐々に復活してきました。
2週間過ぎた頃には、ジャイアンに戻っていきました。 よかった~

0148.jpg
元気になったパリちゃん!


振り返ってみると、爪を切るという行為に慣れてきて、過信していたのかもしれません。
それが、今回の一番の問題点だったと思います。
動物は私たちに言葉でSOSできない分、
私たちは気をつけないといけないのかもしれません。


そして、へこんでしまったときには、人間もお友達にSOSを出しましょう。
せっかく、こうやってブログで、お友達がたくさ~んできたのですから。
(最近は滞っていましたが、)ブログで愛鳥家のみなさんと知り合えてよかったと思います。
お友達が私を救ってくれたように、私も誰かの役に立ててるといいな。

こんな私・freesiaではありますが、
今後もぴーパリ共々宜しくお願いいたします
p357.jpg
画像は、めずらしく波長のあったぴーパリさんです。


頑張って復活したパリに、ポチポチっとしてあげてください
スポンサーサイト

日曜日の夕方に爪を切りすぎて出血。
月曜日はご飯を食べているように見えたのですが、実際は食べていませんでした。
火曜日になって、病院へ連れて行き、造血剤のお注射。


パリちゃんは、帰りの電車でも、静か~にしてました。
カカはそれが返って心配で、気になって仕方ありませんでした。



お注射もしたし、徐々に良くなってくるのかなと思いきや、
まったく食欲があまりせん。
何だったら食べてくれるんだろうといろいろトライしてみました。

ヒエ・アワ・キビのいつものごはんはダメで、
ペレットもダメで、粟穂もダメ。
粟穂はいつも足で抑えて食べたりするから、
爪を切られすぎたパリちゃんには、もちろん無理でした。



そんな中、オーツ麦だけは食べてくれたのです。



だけど、オーツ麦だけなんです。なぜか・・・。
それでも、何かを口に入れてもらわないと困るので、
エサ入れには食べなくても、いつものご飯をいつもと同量いれ、
オーツは別の小さな容器に入れてあげました。


3日経っても、そんな調子なので、
金曜日の夜にもう一度病院へ連れて行きました。

足を気にかけていた素振りはだんだん無くなってきたのですが、
じーっとして、ごはんはオーツだけ。
貧血でしんどいんだろうなぁ。「パリちゃん、ごめん。」としか言えませんでした。


先生はもう一度、造血剤のお注射を打ってくださいました。
そんなにすぐに回復はしないからと。



先生の進めてくれた市販のエゴマも卵黄のツブも食べないし、
オーツしか食べないという偏食ぶりなんですとお話しました。
でも、先生は「今は何かを食べるということが大事だから、
本人が食べたいものをあげてください」とおっしゃってくださいました。





爪切り事件から10日。
パリの食欲は10日経っても完全には戻りませんでした・・・。

さすがに足を痛がる素振りはなくなりました。
それでも、食欲は完全に回復しません。10日で、7~8割の食欲でした。
そこまで戻ったら十分と思われるかもしれないけど、
でも、私が会社から帰るまでは1~3割しか食べてないというのが問題でした。
なぜか帰ってきたら、食べてくれました。何か不安だったのかな。


最初は、ケージの隅でうずくまってたので、
それを思えば十分に元気になってきたのですが、
10日も元気じゃないパリちゃんを見るのはとても辛くて、
回復しないかと焦りばかりが出てきました。

放鳥はどうだったかと言うと、
最初の3日はもちろん控えていました。
その後、閉じ込めておくことでストレスになったらいけないので、
扉を一定時間開けてあげ、自由に出られるようにしました。
それでも、ただ出てくるだけで、じーっとしてました。


そして、10日経っても飛び回る元気もないのか、
通常は絶対に自分からお家に帰らなかったのに
自分から帰っていく姿が、パリの元気のなさを表しているようで
私は自分を責め続けていました。

そして、行き詰った自分をどうしていいのか、何をしたらいいのか分からず、
私がブログを始めるきっかけにもなった、
インコの先生のようなお友達にメールをしてみたのです。


私、何か なかなか立ち直れないんです・・・。と


すると、
”インコって人の顔色や態度でいろんな事を察知するらしいですよ。
 パリちゃんが不安な気持ちにならないようにパリちゃんの前では
 いつもの元気で明るいカカ様でいてあげてね。” とお声を頂きました。

そして、
  「獣医さんを信じてパリちゃんの生命力を信じて
   freesiaさん!!! 
   踏ん張り時です!!!
   頑張ってっ!!!!」 
とのお声を頂き、目の前のもやが取れたのです。

私がいつまでもへこんでたら、パリだってその空気を読み取るかもしれない。
私はパリちゃんと共に頑張っていかないと~!
と心を入れ替えました。


すると、その空気を読み取ってくれたのか、
その後、オーツ以外のシードを以前のように食べてくれるようになりました。

それからは、放鳥しても飛べるようになり
いつものパリちゃんに徐々に復活してきました。
2週間過ぎた頃には、ジャイアンに戻っていきました。 よかった~

0148.jpg
元気になったパリちゃん!


振り返ってみると、爪を切るという行為に慣れてきて、過信していたのかもしれません。
それが、今回の一番の問題点だったと思います。
動物は私たちに言葉でSOSできない分、
私たちは気をつけないといけないのかもしれません。


そして、へこんでしまったときには、人間もお友達にSOSを出しましょう。
せっかく、こうやってブログで、お友達がたくさ~んできたのですから。
(最近は滞っていましたが、)ブログで愛鳥家のみなさんと知り合えてよかったと思います。
お友達が私を救ってくれたように、私も誰かの役に立ててるといいな。

こんな私・freesiaではありますが、
今後もぴーパリ共々宜しくお願いいたします
p357.jpg
画像は、めずらしく波長のあったぴーパリさんです。


頑張って復活したパリに、ポチポチっとしてあげてください
スポンサーサイト
【2008/02/17 Sun 14:58 】 | パリちゃん | comment(16) | trackback(0) |
<<犬型?猫型? | ホーム | インコの貧血 (パリの爪切り part 2)>>
コメント

パリちゃん、大変なことになっていたのですね。
回復して良かったですね^^
【2008/02/17 18:45】| URL | ぴぃパパ #CFYPGMok[ 編集] |

パリちゃんがジャイアンに戻ってよかったですe-266freesiaさんの心中を想像して私もドキドキしました。仕事で出掛けている間、心配でしたでしょうね。私も気をつけてお世話していこうと肝に銘じますe-282
私も昨年、ピィちゃんに投薬するのに大変、手こずり悩んでいた時にfreesiaさんにアドバイスを戴いたりブログを拝見して、とても参考になり心強かったですv-425
ところで発情対策にウチのピィちゃんに軽いストレス兼ヒマつぶしを与えようと、かじり木コーンを入れたら30分ほどで慣れてしまい、夢中でカジカジしています。でもよくアレが齧るモノだと認識できますよね。
【2008/02/17 23:22】| URL | おけい #J/eWLgoY[ 編集] |
頑張ったねo(^-^)o
パリちゃんもちろん、freesiaさんも頑張りましたね。私、二年前までいた子が一年間闘病してたんです。そのころ、まだ自分でblogもやってなかったしfreesiaさんにも出会ってない、blog友達もいない…一人で、ほんとにツライ一年でした。闘病してる本人に私が励まされるようなことも、何回もありました。インコちゃんて、私たちの心をみぬいてます。私たちがへこたれてちゃ駄目なんですよね(^-^)今はこうして知り合うことができた方達がいます。心強いなぁって思えます☆
パリちゃんとfreesiaさんに、ぽちぽちぽちぃーっ☆
【2008/02/18 00:31】| URL | 米ママ #-[ 編集] |

なんかちょっとした短編小説読んだ気分になった
freesiaさんが考えたこともすごくよく分かる
自分の失敗を責める思いも、友達が支えてくれたことも
人生って色々な事が起こるじゃない
小さいことも大きいことも
間違えちゃうこともあるけどほとんどが正しいことをしてると思う
間違った事を引きずってしまうと
周りの人もそれに巻き込まれるように悲しい気持ちになってしまうのね

分かっていても自分がしてしまったことって
ものすごく後悔しちゃうのもの

話してくれてありがとう
私も何だか気付くことが出来た気がする
笑顔が一番よね!
名誉挽回!
起きてしまったことを悔やむ時間を
取り返すことに使う事の方がずっと良いものね

長々ごめんね
【2008/02/18 17:10】| URL | MIKI #-[ 編集] |
ぴぃパパさんへ
そうなんです。
大変な目に合わせてしまいました・・・。
本当に回復してくれてよかったですe-257
元気になったパリの画像ですが、なんとなくぴぃちゃんに似てますねー。
【2008/02/19 10:22】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |
おけいさんへ
もうすぐ、ピィちゃんの写ってる24日ですね。(毎日、職場で365カレンダー見てます)
パリには本当に辛い目に合わせてしまいました。
うちのあのぎこちな~い投薬が役に立ちました?きっとトトが喜びますe-257
私は仕事中、お友達のインコさんに365カレンダーで癒されてます。今月はピィちゃんに癒されてますよ~。
うちのぴーちゃん♪にもかじり木コーンは、ストレスではなく、おもちゃです。毎日、飽きもせず、カジカジしてますよ~。齧れそうなものだったら、なんでも齧っちゃうのでしょうか(笑)
【2008/02/19 10:36】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |

すごく心配されたことと思います。
毎日の仕事も手がつきませんよね・・・。
でもよかった、パリちゃん!
私も今回はカカさんに助けて頂きました。
ありがとうございます!
インコもちゃんと空気が読めるんですよね。
私も投薬に必死にするとその殺気が伝わるのか寄ってきてくれません。
それでカカさんがピーちゃんにミカンに薬をふりかけるアイデアを頂いて、うちも
なんとか投薬できるようになりました♪
ありがとうございます。

それからオススメして頂いた「幸せなインコの育て方・暮らし方」図書館で早速借りてきました。すごくいい本ですね。そうだったのか!と
気付かせてもらうことがたくさん!
楽しんで私も読んでいます♪

これからも明るくインコに接していきたいと思います!!
【2008/02/19 19:30】| URL | yoko yoko #-[ 編集] |
米ママさんへ
こんにちわ~。
BLOGってすごくいい場所なんだということに気づかされますよね~。
ここで米ママさんに出会えたのも、一つの縁ですし、私はそのご縁を大切にしていきたいと考えています。
そして、みなさんの経験を共有して、たくさんの知識を持てたらなぁと思います。そうして、ぴーパリに負担のかけない賢いカカになりたいと思います。
あぁ、パリの「カカ、しっかりして下さいでち」という声が聞こえてきそうです・・・。
コメさんファミリーもぴーパリファミリーも長生きできるといいですねe-257
インコはペットじゃなくて家族ですね。支え・支えられ、日々生活しているんでしょうねe-257
【2008/02/20 11:47】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |
MIKIさんへ
短編小説ですか!?
そんないいものではないですよ。
freesia日記ですから・・・e-455
でも、コレをみなさんにお伝えしようと思いながら、自分の中で整理するのに時間がかかりました。
でも、今なら、今だから、話せるというのがあるし、笑顔も取り戻せたという感じです。
自分を非難し続けても、何もプラスにはならないのに、お友達の言葉やパリの姿を見て、ポジティブでなくちゃいかんなぁと思いました。
笑顔一番!いい言葉ですね。私もこの言葉を心に刻んでおきたいですe-454
【2008/02/20 15:10】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |
yoko yokoさんへ
みかんにふりかける投薬は先生に教えていただいたんですよ~。
でも、インコは賢いので何回かすると、「そのミカンはいらん!普通のミカンがいい!」と覚えてきますよ。その時はまた違うパターンを考えてください(笑)
「幸せなインコの育て方・暮らし方」が図書館にありましたか~!?最近の図書館はインコ本も充実してきているんですね。素敵!!
私も図書館に行ってみよう!お目当ては野鳥の本です♪
また、いろんな情報教えてくださいね~e-454
【2008/02/20 15:15】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |

パリちゃんにそんな事件が起こっていたなんて。。。
すっかり元気になって本当によかったね。
freesiaさんが自分を責めた気持ち、ほんとによくわかる。
私もいつも自分を責めるよ。
インコたちにとって私たちがすべてだものね。
ちょっとしたことが大変なことになりかねないし。
勇気を出して記事にしてくれてありがとう。

パリちゃんはやっぱりジャイアンじゃなきゃね(≧▽≦)
【2008/02/21 10:51】| URL | まめ #L8AeYI2M[ 編集] |

あぁ、燕麦はグルテン入ってないらしいんだけど、オートミールの原料になる麦だから(人間でも体調が悪いと栄養薄くてもおかゆがいいみたいな感じで)エゴマや卵黄よりも消化が良かったのかも?

あと、気持ちは読まれますし、こっちの体調不良も読まれてますよ。
きっと、テレビなどで外国人の子供が食べ物がないとかで痩せたリ、病気だと、全然言葉がわからなくても分かるみたいなものだと思います。
【2008/02/21 14:56】| URL | noharm #LbC7N53Q[ 編集] |

パリちゃん、元気になって本当に良かったです♪

わたしもピイちゃんが病気と闘っていた時、
ちょっとした変化も見逃してはならない!と意気込んでいました。
そして大きな気持ちになれず、神経質になり過ぎていたと思います。
今、振り返って思えば、もう少し大きな気持ちで接していれば良かったなぁ と
後悔も残ります。。

「コンパニオンバード」という本で、とある獣医さんが
「飼い主が大らかなら、鳥も大らかな場合が多いんです」というような事を
おっしゃっていて、やっぱりそうなんだなぁ~と目からウロコでしたっ・・・

ほんと、飼い主としてまだまだ勉強することがたくさんありますよね~
freesiaさん、、一緒に頑張りましょうね♪
【2008/02/22 10:44】| URL | nami+nami #-[ 編集] |
まめさんへ
どんなに手を焼いても、やっぱり元気が一番です。パリが元気=ジャイアンなら、それが一番!?です・・・。

>インコたちにとって私たちがすべてだものね。
そうですよね。ケージの外に出ることですら、自分の意思ではできないんですもんね。
私たちが注意して、インコちゃんの心の声を聞いてあげないとダメですよね。
一応、パリの目標はジャイアンではなくて、チョコちゃんのようにジャニーズインコなんですけどね・・・e-351
チョコちゃん、夏休みに合宿させてあげて~v-237
【2008/02/22 13:30】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |
noharmさんへ
勉強になります!そっか、消化がよいものを自分で選んで食べてたわけなんですね。
なるほど~。
そして、人間の体調不良まで分かるんですか!インコってすごいなぁ!
もっともっとインコについて勉強したくなりました。自分の知識が薄すぎる・・・e-351
【2008/02/22 14:01】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |

昨日は2/21日。ぴ吉DAYでしたね。(365カレンダーの話です)
>そして大きな気持ちになれず、神経質になり過ぎていたと思います。
 これよく分かる気がします。どうも不安になって、マイナスオーラが出てしまいます・・・。

飼い犬がだんだん、飼い主に似てくるとはいいますが、もしそれがインコにもあてはまるのだとしたら、パリのジャイアンはいったい誰に似たのか・・・e-350
私も今後、ますます勉強します。nami+namiさん、一緒にがんばりま~すe-257
【2008/02/22 14:15】| URL | freesia #RE7.j.L2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://pchanlife.blog50.fc2.com/tb.php/221-edaeeef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。